脱毛クリーム 脇 剛毛

クリーム・ローションによるムダ毛が減毛

クリーム・ローションによるムダ毛ケアの特徴

 

 

クリーム・ローションのムダ毛ケアの場合は、ムダ毛の成長を抑える効果がありますが、基本的に脱毛するというわけではありません。

 

ムダ毛の発毛を遅らせたり、生えにくくしたり、薄くするなどの効果があります。

 

 

 

 

 

その成分は、主に自然食品から抽出される大豆など植物由来のイソフラボンを主な原料としています。

 

 

 

大豆以外に、アカツメクサ花エキス、アイリスエキス、ペルベチアカナリクラタエキス、ヒオウギエキス、プエラリアミリフィカ根エキスなどもイソフラボンを多く含んでおり、原材料として使われていることがあります。

 

 

大豆由来の製品で効果が上がらなかった場合には、これらの成分を配合している商品に変えてみるのも良いでしょう。

 

 

そのほかに、豚肉の料理を食べますと、パイナップルがついていることが多いですね。
これは、パイナップルに含まれるブロメライン酵素や、パパイヤに含まれるパパイン酵素にはタンパク質を分解する働きがあり、ムダ毛を柔らかくする効果があると考えられているからです。

 

 

中には、抑毛効果を高めるために、化学製品や洗剤などに使用されています、合成界面活性剤を使用している抑毛剤がありますが、特に石油系の合成界面活性剤を使用している抑毛剤は、肌の弱い方や、乾燥肌の方は使用しないほうがいいでしょう。

 

 

クリーム・ローションによるムダ毛ケアは肌へのダメージなく、ムダ毛を薄くするというとてもムダ毛処理には理想的なものに聞こえますが、「本当に効くの?」と疑ってしまう人もいるかも知れません。

 

 

 

クリーム・ローションによるムダ毛ケアのメリット

 

●1・ほかの脱毛方法と比較して、発売されている抑毛ローションの多くは、大豆を原料に作られていますから、抑毛以外にも保湿効果もあり、気軽に始めることができます。また、肌に優しい成分でできているので敏感肌の人でも安心して使うことができます。

 

 

顔やVIOラインといったデリケートゾーンに塗っても安全です。 
ただ、使用成分によっては、はだに悪影響を与える場合がありますので、パッチテストは必ず行いましょう。

 

 

●2・使用方法は、ほかのボディクリームなどと一緒に、肌に浸透させるだけですから、、処理に時間がかからず、痛みもありません。

 

 

●3・抑毛ローションやクリームを使い続けていますと、効果はなかなか出てきませんが、確実に抑毛効果が表れていますので、ほかの脱毛処理をする場合でも、処理をする際の頻度も低く抑えることができます。 

 

 

●4・ムダ毛処理は、どのような処理方法の場合でも、刃物や熱処理など肌に負担をかけたり、乾燥肌のもとを作ってしまいます。脱毛サロンなどでは、生理中や体調の悪い時、妊娠中などは処理を断られるところが多いですが、肌に優しく負担のない抑毛ローションは、こういった時にも継続して使用できます。

 

 

●5・抑毛クリーム・ローションを、毎日使用していますと、その成分の大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きをしますので、発毛を抑制して、大豆イソフラボンには、肌の弾力を保つコラーゲンを増やしてハリを保ったり、肌の生まれ変わりを促進するといった美肌効果もあります。

 

 

クリーム・ローションによるムダ毛ケアのデメリット

 

 

●1・抑毛効果が表れるのが遅い
クリーム・ローションによるムダ毛ケアの場合は、その性質上、すぐに面日見える効果が表れるわけではありませんから、すぐに、抑毛や脱毛をしたい方には向いていません。効果が表れるまでの時間は人それぞれですが、早い人でも2週間、多くの人は2〜3カ月以上使い続けて、やっと効果を実感しています。それまでの期間は、他の方法と併用した方が良いでしょう。

 

 

 

●2・脱毛効果ではなくて、抑毛効果、つまりムダ毛の発毛を遅らせたり、成長を止めるという効果しかありません。効果が出てきたとしても、毛が完全に生えないわけではありません。腕や足、背中などの産毛は使い続けることで、どんどん目立たなくなり、最終的に他の処理をせずとも、気にならなくなる場合もあります。

 

 

 

●3・レーザー脱毛のように、永久脱毛ではありませんので、継続的に使用しなければ効果は出てきません。しかし、安いものもありますので、継続的に使用してもそんなに負担にはならないかもしれません。 

 

 

 

●4・化粧品や薬などでも、同じものを使用しても、効果がある人とない人があるように、抑毛クリーム・ローションでも、何カ月使用しても効果が実感できないという人もいます。せっかくローションを購入したのに何の効果もなければ、費用が丸々無駄になってしまいます。

 

 

抑毛クリーム・ローションの選び方

 

 

デメリットのところでもお話ししましたが、効果があるかないかは使用してみなければ、わからないということになりますので、効果のないものを購入した場合は、無駄な買い物になってしまいます。

 

 

●1・自分にマッチした効果のあるものを選ぶには、販売実績や口コミも大きな判断材料になります。

 

販売実績を見る時に重視してほしいのは、販売個数よりも販売年数です。販売年数が長く続いているということは、製品が良いから長く続いているということです。

 

 

たまに、タレントなどを媒体として○○さんも使用しています。あるいは、楽天販売ランキング1位などというPRがしてある商品は、意外と効果がないという話も聞いています。

 

 

●2・口コミを参考にすることも、とてもいいことですが、それが友人なら信用できるでしょうが、製品の公式サイトや販売サイトの口コミだけでなく、外部サイト(化粧品・美容の総合サイトや個人のブログなど)の口コミも読むようにしてください。

 

 

製品の公式サイトや販売サイトには、都合の良い口コミしか掲載されていない場合が多々あります。
実際に、自分で購入して使用してみた結果のブログなどの評価は、信用ができると思います。

 

 

●3・抑毛クリーム・ローションは、とにかく使用してみなければ、効果がわからないということから、購入するにはとても心配なところがあります。

 

このような、消費者のために返金保証制度というものを掲げているメーカーもあります。何度か使用して肌に合わなかった場合や、使用しても効果がなかった場合に、使用済みでも返金してくれる制度のことです。

 

普段から肌が弱いという自覚のある人や、少し試して様子を見てみたい人は、返金保証制度のあるものを選ぶと良いでしょう。

 

 

●4・抑毛クリーム・ローションの価格
抑毛クリーム・ローションの価格はピンからキリまであります。

 

安価なものは1000円から高いもので10000円くらいのものまであります。一般によく使われているのは、2000〜3000円くらいのものです。どの製品が肌に合うかは人それぞれですし、高価だから必ず高い効果があるという保証もありません。

 

 

また、あまり高いものですと、継続的に使用しなければなりませんから、続けることができなくなる場合がありますので、ご自分の経済状況に合わせて、選ぶことも大切です。

 

 

 

脱毛クリームや除毛クリームによる脱毛

 

脱毛クリームや除毛クリームは抑毛クリームなどとはどの王に違うのでしょうか。

 

 

抑毛クリーム・ローションは、自然食品から抽出される大豆など植物由来のイソフラボンを主な原料としていますが、脱毛・除毛クリームとは、アルカリ性の成分が配合されたクリームやペーストのことです。

 

 

 

 

肌に塗ることで、肌に生えているムダ毛を科学的に変化させて溶かし、ムダ毛のお手入れをすることができます。

 

 

除毛クリームは、「チオグリコール酸カルシウム」という成分が含まれています。アルカリ性で、毛の主成分のタンパク質を溶かす働きがあります。水酸化カルシウムなどのアルカリ剤を配合し、チオグリコール酸カルシウムの働きを強めているものもあります。

 

 

アルカリ性の成分が入っているために、肌の弱い人や、敏感肌のひとなどは、使用説明書をよく読んで使用しないと、肌なども溶かす副作用があることがありますので、気を付けなければいけません。

 

 

 

除毛(脱毛クリーム)クリームのメリット

 

除毛(脱毛クリーム)クリームを使用する大きなメリットは、その使用方法と手軽さにあります。

 

 

クリームをムダ毛部分に塗るだけで、毛を分解してツルツルにしてくれるからです。痛みもなく、埋没毛などの危険性もなくて、高価な脱毛サロンに通うことや脱毛器を購入することに比べても安価に除毛できる点もかなり手軽な方法と言えるでしょう。

 

 

クリーム状のものだけでなく、除毛スプレーなどもあり、背中の産毛処理などに使いたい場合など用途に応じて使い分けると便利です。

 

 

除毛(脱毛クリーム)クリームは新しく生えてきた毛先も尖らないため、チクチクしたかゆみに襲われることもありません。

 

 

 

除毛(脱毛クリーム)クリームのデメリット

 

除毛(脱毛クリーム)クリームは、毛根部分には働きかけるものではありませんので、一度処理しても、またすぐに処理をしなければならず、永遠に毛がなくなることはないというのがデメリットです。

 

 

永久に脱毛したいという方には不向きですが、除毛クリームは一時的に脱毛をしたい、お試しでツルツルにしたいという人向けと言えます。

 

 

しかし、抑毛クリームのような天然成分で除毛するわけではありませんから、アルカリ性の「チオグリコール酸カルシウム」などが、肌のたんぱく質を溶かしてしまいますから、パッチテストは必ずしたほうがいいでしょう。

 

 

そのため、使用後数日は日焼け止めのサンオイルを塗らない、塩素の強いプールへは入らないといった注意が必要です。

 

 

それ以外にも肌へ悪影響なものは極力避けるようにしましょう。

 

 

日焼け止めを塗らないようにするのはもちろんのこと、日焼けをするのはもっと危険です。

 

 

日焼けは一種の炎症なので、肌へのダメージが増加してしまいます。

 

 

除毛クリームはデリケートゾーンに使用できるの?

 

デリケートゾーンとは、いわゆるVIOといわれる粘膜のある部分に使用できるかといえば、使用できません。

 

 

一般メーカーの商品の場合にはVIO除毛には使えないというものがほとんどで一般的には腕毛や腹毛、すね毛に指毛といった部分に使用する除毛商品なので、デリケートゾーンヘア処理には、使用しないで下さいというのが一般的です。

 

 

抑毛クリーム・ローションは、化学製品が入ってなくて、主成分が 天然成分の場合は使用が可能のようですが、除毛(脱毛クリーム)クリームは毛を分解するほどの除毛力を持つ化学物質「チオグリコール酸カルシウム」という成分が含まれていますから、粘膜部分の多いデリケートゾーンには、絶対に使用しないほうがいいでしょう。

 

 

 

自己処理で起こるトラブルは自己責任

 

自己処理の方法や危険性などの知識もなくて、脱毛や脱色などをした場合は、いろいろな肌のトラブルが起こる場合がありますので、注意しなければなりません。

 

 

 

薬品が合わないことによって、肌の色が黒くなったり、茶色になったりして色が取れなくなってしまう、いつも肌がガサガサして乾燥している、毛穴が広がって元に戻らないために黒ずみがひどくなった、毛穴の内部が変形してしまって更なるトラブルの原因になっている、というような自己処理による肌や毛穴へのダメージは、いろいろありますので、肌トラブルを避けるために、自己処理には特に気を付けなければいけません。

 

 

自己処理で起こるいろいろなトラブル

自己処理方法で、大切なのは、その取扱い方法や特徴をよく知って、やり方を間違えないことですね。そして、アフターケアをしっかりやって、乾燥や処理したところから雑菌が侵入したりしないようにすることも大切です。

 

 

間違った処理方法は、どんどん肌を汚くしてしまいます。開いて黒ずんだ毛穴や、茶色く色素沈着してしまった肌は、すぐには元には戻りません。簡単に考えて処理をいい加減にしておきますと、取り返しの付かない場合もあります。

 

 

自己処理トラブル

 

■肌の黒ずみ
■色素沈着
■肌荒れや乾燥
■熱処理によるやけど
■埋没毛
■毛嚢炎

 

 

■肌の黒ずみ
間違った自己処理によって、処理した後が黒くなってブツブツ見えたり、毛穴が開いてその中に、外部からの刺激や不純物が入り込んで黒くなってしまうなどトラブル

 

 

■色素沈着
肌は、外部からの刺激を受けたり、強い何らかの刺激を受けると、肌を守るために通常の生産量より多くのメラニンを作り始めます。その必要のないメラニンが、皮膚の中に沈着して肌が茶色になったり、黒ずんだりすることがあります。

 

 

■肌荒れや乾燥
肌は、普段はとても薄い角質層などによって外部からの刺激を排除するようにできています。
しかし、剃刀でムダ毛を剃ったり、薬剤などで毛を溶かしたり、脱色したりして、肌の表面を傷つけたりしますと、肌うを守る機能が衰えて、水分が蒸発したり、炎症を起こしたりして、乾燥状態になります。

 

 

 

■熱処理によるやけど
熱処理による脱毛の場合は、当然、毛を焼き切るわけですから、ヒーターなどの熱源を使用しますが、その取扱い方法を誤ると、肌がやけどを起こしてしまいます。

 

 

■カミソリ・毛抜きで埋没毛
埋没毛というものは、毛が皮膚の外に出ず、皮膚の内側や毛穴の中で伸びるために、皮膚が黒く見えたりすることですが、そのままにしておけば、毛の寿命が来れば自然と体外に排出されますが、その間は見た目は良くないですね。

 

 

■毛穴が傷ついて毛嚢炎を起こす
毛穴の部分を傷つけるような脱毛方法をしますと、その傷ついたところから内部に細菌が入り込んで、化膿したり炎症を起こしたりします。この傷跡が残った跡に、ニキビのようなものができて、それが治っても跡が残ってしまいます。

 

 

埋没毛について

 

埋没毛は、毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴がふさがってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいいます。

 

 

 

毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴が塞がってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいいます。毛穴を傷つけるような無理な脱毛をしたことにより埋没毛になってしまう方が多いです。

 

おもに、毛抜きなどで毛を抜くときに毛根から抜けず途中で切れてしまった場合や、毛根から抜き取ったが、毛穴が塞がった後に毛が再生した場合に毛がそのまま皮膚の中で成長してしまうことが多いそうです。

 

 

また毛穴周辺の皮膚が炎症を起こし、その回復とともに毛穴がふさがってしまい、中の毛が皮膚の表面に出てこれなくなってしまうことなどがあります。

 

 

埋没毛は毛の発育が止まるまで放っておくと、ほとんどの場合は自然に分解され排泄されるようですが、異物反応による炎症を起こしてしまうケースもあるようです。

 

 

炎症を起こした場合は、自分で治療するよりも、皮膚科で診察してもらうようにしたほうがいいみたいですね。

 

 

毛膿炎(もうのうえん)について

 

毛膿炎とは、脱毛処理をした際などに、毛穴から細菌が入り込んで毛根の周囲に赤み・腫れ・化膿などの炎症を起こすことをいいます。

 

 

毛膿炎になる原因は不潔な環境でのムダ毛の脱毛処理により傷ついた皮膚に細菌が侵入したり、無理に毛抜きで毛を引き抜くと毛穴を広げそこから細菌が入り炎症を起こしてしまいます。

 

 

毛膿炎になってしまったら、赤みや腫れ、痛みがある場合は、きちんと医師に診てもらい適切な処置をしてもらう必要があるそうです。それを怠ると患部が広がったり傷跡が残ることもあるそうですので十分な注意が必要です。

 

ムダ毛処理を間違えて肌が黒ずみブツブツなるトラブル

 

顔の毛穴や手の黒ずみは気になりますが、足の毛穴は意外と気づきにくいので見過ごしてしまいます。せっかくムダ毛のお手入れをしても、毛穴がブツブツとしていたら、キレイな足というわけにはいきませんね。

 

 

手ざわりもザラザラなんてことになったら外出もできませんよね。でも毛抜きで抜くのは大変だし、毛穴にもよくないし、エステにでも行かない限りツルツル足は手に入らないのでしょうか?

 

 

そんなことはありません。顔の毛穴のお手入れがあるように、足の毛穴だってケア次第ではキレイになれます。諦めずに、足の毛穴をキレイにしてさらなる美脚を目指しましょう。

 

 

足のボツボツはムダ毛処理によって炎症を起こしていることが大きな原因です。無理に引き抜いたり、市販のムダ毛処理で何度も処理をしていると、毛穴が炎症を起こしてしまうのです。

 

 

その結果、赤くなったり、ボツボツになってしまうのです。足をツルツルにするには、正しいムダ毛処理が必要です。

 

 

足のムダ毛を毛抜きで抜いてしまう場合は、毛抜きで毛を引き抜いてしまえば、ムダ毛もキレイになるし毛穴も黒くならないと思っていませんか?

 

 

実は毛を抜くという処理方法が一番毛穴を傷めてしまうのですよ。なぜなら、皮膚の一部を無理に引き抜くことだからです。無理やりひき抜くということは、肌が傷つこうということです。

 

 

普段の生活で、怪我をした場合にそのままにしておきますと、傷口が化膿したり、跡が残ってしまいますね。毛を無理やり抜くということは、これと同じことなんですね。

 

 

毛を抜いた後、出血することがありませんか?それは生きている毛を無理に引き抜いている証拠なんですね。さらにそこから菌が入ってトラブルを起こすこともあるのです。

 

 

ですから、ムダ毛処理の場合は、抜くということは絶対にしないほうがいいでしょう。

 

 

自己処理の中で安全な方法は、毛抜きや脱毛テープなどで抜くよりはカミソリなどで剃った方が、肌への負担は少なくてすみます。ただし、カミソリで剃るには注意があります。

 

 

まずはカミソリの選び方です。カミソリで剃ったあと、ヒリヒリするものは避けましょう。剃っても肌がかゆくなったり、痛みがないものを選ぶこともだいじです。

 

 

また、逆剃りはいけません。お肌を傷めることになりので、ヒザからくるぶしに向かって剃るようにしましょう。

 

 

そのほかには、肌に優しい脱毛方法として、毛抜きや脱毛テープで毛を抜くよりは、除毛クリームなどによる除毛の方が肌に対する負担は軽いです。ムダ毛の剃り残しなどの心配もありません。

 

 

ただし、肌の弱い人は注意しましょう。肌にかゆみが出たり、かぶれたりすることもありますので、パッチテストを行ってから使いましょう。

 

 

また、意外と知られていないのが、ムダ毛処理後のことなんですが、

 

 

ムダ毛処理を行った後は、必ずお肌のケアを。それをしないと、炎症がしずまらず毛穴のブツブツにつながってしまいます。除毛が終わったら、炎症をしずめるために冷たいタオルなどで冷やします。

 

 

そしてクリームなどを塗って肌を乾燥させないようにしましょう。また、毛穴を引き締める化粧品を使うのもいいでしょう。

 

 

また、ムダ毛処理の前は菌を少しでも毛穴に新入させるのを防ぐため、きれいに洗ってから行いましょう。石けんなどで清潔にすることで、肌表面の菌を減らすことができます。

 

 

それから、自分の体調が悪い場合は、処理をした部分の傷も治りにくいし、菌による化膿もしやすくなります。生理前、風邪気味のとき、疲れているときや睡眠不足などのときは除毛はしないようにしましょう。

 

 

脱毛で起こる硬毛化と多毛化のトラブル

 

硬毛化とは、レーザーや光脱毛を行った部位の毛が、脱毛を行う前より毛が太くなる現象です。主に産毛が黒くしっかりとした毛になったり、殆ど何も生えてない様に見えた所から毛が生えだします。

 

多毛化とは、レーザーや光脱毛を行った部位の毛が、脱毛を行う前よりも増える、もしくは増えた様に感じる現象です。毛穴の数は一定ですので、ずっと毛が増え続ける訳ではありません。産毛が硬毛化して目立つようになったから、多毛化したと感じる人もいます。

 

 

毛を薄くしたいのに!あるいは脱毛したと思っていたのに、なぜ硬毛化してしまうのか?

 

 

その原因として考えられるのは、毛の再生組織が破壊し切れなかった場合に、熱刺激により毛の成長が促進され太く長い毛となることが推測されるといわれています。

 

 

退行期、休止期の毛の成長が促進されたことも可能性としてかんがえられます。

 

脱毛レーザーを当てることにより、逆に毛根周囲組織の活動が活発化してしまうことで増毛化・硬毛化が起きるという見解が現在のところ一般的な原因と考えられています。

 

 

しかし、増毛化・硬毛化の原因は、いまだ完全に解明されていません。

 

 

残念ながら、増毛化・硬毛化の原因は未だ解明されていません。通常、脱毛に使用するレーザーは、体毛のメラニン色素に反応した際に熱に変換され、毛根と毛根周囲の毛包を破壊することで、脱毛効果を生み出しているですが、脱毛レーザーを当てることにより刺激された毛根周囲組織の活動が破壊されず、逆に活発化してしまった際に増毛化・硬毛化が起きるという見解が現在のところ一般的です。

 

 

増毛化・硬毛化については、上にも述べた通り未だ解明されていない点が多く、リゼクリニックで行う医療レーザーに限らず、他のクリニックで行う医療レーザー脱毛やエステサロンでの光脱毛、さらには家庭用脱毛器での脱毛でも起こり得る可能性があります。

 

 

光線を使用し毛根細胞を刺激するあらゆる脱毛法において、増毛化・硬毛化は起こり得るのです。

 

 

増毛化・硬毛化が発症しやすい部位とは?

 

増毛化・硬毛化の可能性が特に高い部位として、うなじ・背中・二の腕・肩付近などの桃の皮のように、毛が細く薄い部位での報告が最も多くあげられております。

 

 

しかし、それ以外の部位なら可能性がないとは断言できません。上にもあげたとおり、未だ原因が解明されていないため、増毛化・硬毛化のリスクをゼロにするのは非常に困難なのです。

 

 

とは言っても、うなじ・背中・二の腕・肩などはご自身で手入れがしにくいこともあり、とても人気の部位です。

 

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。